略奪愛を成就させるためにはどうしたら?成功と失敗から学ぶ!

MENU

略奪愛を成就させるためにはどうしたら?成功と失敗から学ぶ!

 

不倫関係を続けた上で、既婚者側の離婚が成立すると、晴れて相手と結婚することができます。
これを世間では略奪愛と呼ぶのですが、略奪愛にも結果論として成功例と失敗例があることをご存じでしょうか。

 

誰にも気兼ねなく夫婦と言える立場になっても、明暗が分かれるケースがあるのです。
ここでは例を挙げて説明していきましょう。

 

 

成功例その1 - 転職をして成功した例

社内不倫はどこからともなくバレて噂になるものです。
社内不倫をしていたカップルが、お互い会社を辞めて転職をしました。

 

人の噂も75日で、本人達がいなくなった時点で面白半分に噂をする人はいなくなりました。
本当につながりのある人から「あの二人は結婚したよ」と聞きましたが、もはや誰も興味がなくなっていたのです。

 

半年後、会社の人のお葬式に、晴れて結婚した二人が現れましたが、お葬式の場とあって何を盛り上がる訳でもありません。
全ての行動とタイミング、時間の経過が、彼等の略奪愛に味方して成功した例と言えます。

 

 

成功例その2 - ひたすら待って成功した例

会社の上司と秘書というのは、典型的な不倫パターンです。
上司が海外へ転勤になり、家族共に引っ越していったのですが、女性は3年間ひたすら待ち続けました。

 

上司が転職して日本へ帰ることになり、それを機に離婚をして、女性と再婚を果たしました。
家族は全員そのまま海外へ在住となったので全く後腐れはなく、まるで芸能人のようなオープンな関係を保っています。

 

どんな状況の中でも、究極の遠距離恋愛でも諦めなかった彼女の勝利です。

 

 

失敗例その1 - 養育費で生活が困難に

晴れて離婚が成立して、無事結婚できたのですが、相手の奥さんや子供から慰謝料と養育費を請求されました。

 

共働きで毎月なんとか養育費を稼いでいるのですが、非常に生活は苦しく、幸せだと思われた結婚生活を満喫できてない日々が続いています。
好きだから、だけでは通用しない婚姻関係の難しさがあるということです。

 

 

失敗例その2 - 肩身の狭さがストレスに

不倫関係から結婚できたのは良いのですが、男女共に会社に噂が広まり、転職を余儀なくされました。

 

女性はパートとして働くことにしたのですが、親戚関係から良く思われていないこともあり、男性の実家に帰るのが非常にストレスになってしまいました。
男性の両親からは歓迎されない嫁、という立場は、たとえ略奪愛の勝者で会っても辛いものですね。

 

 

終わりに

略奪愛の成功・失敗に関しては、周囲の反応も非常に大きな要因となります。
不倫関係で略奪愛が成立しそうな時は、彼と親戚の関係や、職場での反応も考えた上で、万全の態勢を整えてから臨むことが大切です。

 

 

誰にも言えない不倫の悩みを解決したい人に…

いつでも、どこでも占ってもらえる電話占い、メールをお勧めします!

 

あなたの悩みに親身に乗ってくれる強力な不倫専門の占い師たち

 

もちろん守秘義務もカンペキです♪

 

当サイトでは、口コミや実績のみならず、管理人が実際に利用して「当たっていた占いサイト」のみをご紹介!

恐いくらい当たる電話占いをあなたも是非体感してみては?

 

▽無料キャンペーン実施中▽

寄せられた不倫体験談