幸せな不倫生活を送るための不倫占い

MENU

社内不倫はここからバレる!

 

同じ職場の相手と不倫をしている場合、それがバレてしまうと仕事に影響が出たり、場合によっては会社に居づらくなって退社せざるを得なくなるリスクがあります。

 

そんな大きなリスクを背負っての社内不倫ですから、細心の注意を払い、周りにばれないようにしていく必要があります。
ここでは、社内不倫がばれやすいポイントについて紹介します。

 

 

相手を呼ぶときは仕事上の呼び名で

社内不倫が発覚するケースで多いのが、職場で相手を呼ぶときに、うっかり二人でいるときの呼び名で呼んでしまった事例です。
これは、気を付けていても、無意識のうちに出てしまうことが多々あるのです。

 

二人でいるときの呼び名で呼ばないように気をつけることはかなり難しいといえます。

 

ですから、相手の呼び名は、二人でいるときも社内での呼称で呼ぶようにしましょう。
普段、役職をつけて呼んでいるのであれば、二人の時も役職を付けて呼び、違う呼び名を作らないことが一番安全です。

 

 

不倫相手についての会話を同僚としないようにする

同僚との日常会話の中で、不倫相手のことが話題になった場合、うっかりと親しい間柄でないと知らない情報を漏らしてしまったり、やたらプライベートに詳しいなどというボロが出ることがあります。

 

かと言って必要以上に何も知らないふりをするのも難しいものです。
ですから、あまり不倫相手のことについて触れないようにするのが賢明と言えます。

 

 

休みを合わせないようにする

ついついデートの時間を作りたくて、同じ日に有給休暇を取得したり、同時に午前半休をとる、同時に直帰するなどということも、しないようでしてしまう行動です。

 

こんなことするはずないと思っているあなた。
そうは言ってもいざとなるとしてしまいがちですので、注意しましょう。

 

 

自分のプライベートについてもあまり話さない

同僚との会話の中で、相手のことは話題にしないよう気を付けていても、自分の行動やプライベートについては脇が甘くなりがちです。

 

「この間○○に行ってきた、おいしかったよ」などとうっかり話してしまい、「誰と行ったの?」などと詮索されてしまうと、それだけ相手との関係がバレる危険が高まります。
ですから、自分のプライベートについても余計なことは話さないようにしたほうがよいですね。

 

 

自分から漏らしてしまうことのないように

これは決定的ですが、親しい同僚についつい「わたし、○○さんと付き合っているの」などと不倫をカミングアウトしてしまうケースもよく見られます。
友達だからと安心していてはいけません。
人の口には戸を立てられませんので、いかに親しい友人と言えども、何かの拍子にほかの人に話してしまうリスクは常につきまとうのです。

 

また、直接だれかにバラすことはしなくても、友人は当事者ほど注意を払っていませんので、会話のなかでうっかり他の人に勘づかれてしまうリスクもあるのです。

 

ですから、社内の人には絶対に不倫をしていることを話さないようにしましょう。

 

 

社内不倫では、同僚に少しでも疑念を抱かれると、うわさがうわさを呼んだり、行動を注目されたりしてしまいます。
絶対に「もしかして」と思われることのないようにすることが大切です。
これぐらい大丈夫と油断しないように気を付けましょう。

 

 

誰にも言えない不倫の悩みを解決したい人に…

いつでも、どこでも占ってもらえる電話占い、メールをお勧めします!

 

あなたの悩みに親身に乗ってくれる強力な不倫専門の占い師たち

 

もちろん守秘義務もカンペキです♪

 

当サイトでは、口コミや実績のみならず、管理人が実際に利用して「当たっていた占いサイト」のみをご紹介!

恐いくらい当たる電話占いをあなたも是非体感してみては?

 

▽無料キャンペーン実施中▽

寄せられた不倫体験談